• VIT SHOP

パソコンのOfficeソフト「Microsoft Office」と「互換Office」の比較

■はじめに


■Microsoft Office


■互換Office


■互換Officeが向いている人


■まとめ


パソコンのOfficeソフト「Microsoft Office」と「互換Office」の比較

■はじめに


パソコンでWord(ワード)やExcel(エクセル)を使用するにはOffice製品が必要になります。


パソコンを購入する際にも、Office付きかどうか検討される事があるのではないでしょうか?


文書作成に欠かせないOffice製品ですが、かつてはMicrosoft Officeが主流でした。しかし、近年では無料もしくは安価な互換Officeが増えています。


Microsoft Officeは比較的高価です。パソコンにあらかじめ付属している場合、価格が2~3万円ほど上乗せになります。


家電量販店や中古パソコン販売店などで「値段の安いモデルがあった!」と思ってよく見ると、Microsoft Officeが入っていない場合が多いです。


Microsoft Officeと互換Officeは何が違うのかを見てみましょう。

■Microsoft Office


Microsoft Officeとは、Microsoft社が開発、販売しているオフィススイート(文章作成・表計算・プレゼンテーションなどオフィス業務に必要なソフトウェアのセット)の名称です。単に「Office]と呼ぶ場合も多いです。


Microsoft Officeでは、ワープロソフトの「Word」や表計算ソフトの「Excel」をはじめとした複数のアプリケーションがパッケージされています。


Microsoft Officeの主なアプリケーションには、以下のような製品があげられます。

  • ワープロソフトの「Word」

  • 表計算ソフトの「Excel」

  • プレゼンテーションソフト「Power Point」

  • メールの送受信、スケジュール管理ソフトの「Outlook」

  • データベースソフトの「Access」

  • DTPソフトの「Publisher」

Microsoft Officeではエディション(Personal、Home&Business、Professionalなど)によって、含まれるアプリケーションの種類が異なります。


販売形態としては

  • 買い切り型の永続ライセンス版(パッケージ版)

  • パソコンを買った時に最初から入っているプリインストール版(買ったパソコンのみ使用可能)

  • 定期的に料金を支払うサブスクリプション版(レンタルのように借りた期間だけ支払う方式)

などがあります。



それぞれの特徴は以下の通りです。


永続ライセンス版(パッケージ版)

同一ユーザーが使用する 2 台の PCで、永続版の Office アプリを使用可能です。購入してしまえばずっと使い続けることが可能です。ただし最新版へのアップグレードが出来ませんので、いつかはMicrosoftのサポートが切れてしまうという点は留意しておきましょう。


プリインストール版(買ったパソコンのみ使用可能)

メーカーやショップでパソコンを購入した際、あらかじめインストールされているMicrosoft Officeです。パソコンとセットになっているため永続ライセンス版より割安です。インストールされたパソコンが壊れるまで、そのパソコンに限りOfficeアプリを使用可能です。ただし、他のパソコンへの転用はライセンス違反となることを留意しておいてください。


サブスクリプション版(レンタルのように借りた期間だけ支払う方式) Windows PC、Mac、タブレット、スマートフォン など、同一ユーザーが使用するすべてのデバイスで使用可能です (同時に 5 台までサインイン可能)。常に最新機能が追加されるOfficeアプリ、1 TB のクラウド ストレージ、高度なセキュリティが含まれています。月間または年間契約になります。同一ユーザーが使用するすべてのデバイスで利用可能です。オフィスを毎月使わない人は使用したい月だけ課金すれば良いため、お得に使用できます。



Microsoft社としてはサブスクリプション版のMicrosoft365に移行してほしいという意向が見受けられます。それぞれにメリットデメリットがありますので、使用する環境に合うエディションを選びましょう。

■互換Office


Microsoft Officeは高価なため、購入するのに躊躇する人も多いはずです。そんな人には低価格の互換Officeがおすすめです。


互換Officeとは、MicrosoftのWordやExcelなどを編集できる、Microsoftと互換性のあるオフィススイートです。


一番の魅力は低価格もしくは無料で使用可能という点です。デメリットとしては複雑なレイアウトの場合、レイアウトが崩れたり、Excelのマクロが動かなくなったりすることがあります。一般的な使用であれば問題ないと思います。


代表的な互換Officeをご紹介します。


①WPS Office 2(ダブルピーエス オフィス 2)

中国のソフト開発会社であるキングソフト社のオフィススイート製品で、Microsoft Officeとの互換性や安価であることを売りにしています。


WPS Officeは、Writer(文書作成)、Spreadsheets(表計算)、Presentation(プレゼンテーション)、PDF(PDF閲覧)から構成されています。


日本語版では「キングソフトオフィス」として長年販売されてきましたが、2016年に「WPS Office」に名称変更されました。2020年に「WPS Office 2」が登場しました。


十分な性能と互換性を保持しているため、簡単な作業であれば問題なく使用できます。ヤフオクやメルカリなどで怪しい中古品や違法品に手を出してしまうくらいなら、WPS Office を買った方がコスパが良いかもしれません。


②Libre Office(リブレ オフィス)

The Document Foundation(ザ ドキュメント ファンデーション、ドキュメント財団)が作成するオフィススイート製品で、無料で利用できます。


LibreOfficeは、Writer(文書作成)、Calc(表計算)、Impress(プレゼンテーション)、Draw(図形描画)、Base(データベース)、Math(数式作成)から構成され、117の言語に対応しています。もちろん日本語標準対応。


無料Officeの中で最も活発に開発されているため、Microsoftとの互換性も高いです。LibreOfficeではマクロ、VBAも使用・作成できるのが嬉しいですね。



③Apache Open Office(アパッチ オープン オフィス)

Apacheソフトウェア財団が開発しており、無料で利用できます。


Apache Open Officeは、Writer(文書作成)、Calc(表計算)、Impress(プレゼンテーション)、Draw(図形描画)、Base(データベース)、Math(数式作成)から構成されています。


ひと昔前は無料Officeの代名詞でしたが、現在は他の無料Officeに追い抜かれてしまっているようです。



その他にも互換Officeはありますが、低価格であればWPS Office、無料ならLibre Officeが良いと思います。


■互換Officeが向いている人


互換Officeの使用が向いているのは、

  • できるだけ安くWord、Excelを使いたい

  • 家庭用として使用する

  • 基本的な文書作成のみで、複雑なレイアウトの文書や表作成はしない

  • Excelでマクロを使用しない

  • 他の人とデータのやり取りを頻繁にしない

といった人でしょうか。


その他には学校のレポートを互換Officeで作成し印刷して提出、単純なリスト作成で使うなども十分可能です。

■まとめ


Microsoft Officeや互換Officeには様々な種類があります。大まかな紹介でしたが、Office製品選びの参考になれば幸いです。


中古パソコンの場合、Officeが付属していないことがよくあります。そのような時は、永続ライセンス版(パッケージ版)のOfficeを購入する必要がありますが高価なため、選択肢の一つとして互換Officeを検討してみてはいかがでしょうか。

※VIT-SHOPの中古パソコンは、価格を最小限に抑えるためにLibre Officeをインストールして販売しております。Microsoft Officeをご希望の場合は、別途料金にてご用意いたします。