• VIT SHOP

iPhoneXRのボタンが陥没してお悩みの方!

更新日:2021年12月10日

こんにちは!VIT-SHOP 高岡店です(^^)/


先日iPhoneXRの電源ボタン(スリープボタン)陥没の修理依頼がありました!


iPhoneを落としてから電源ボタンが押せなくなるというケースがあります。


iPhoneXRの電源ボタン部分のフレームは非常に薄く弱いため、落とされたり衝撃が加わったりすることで歪むことがあります。


少しでも歪んでしまうと電源ボタンに干渉してしまい陥没して押せなくなります。


音量ボタン(ボリュームボタン)は電源ボタンに比べ小さく、フレームの構造上も電源ボタン部分より強度が高いため、壊れにくいです。


今回修理依頼のあったiPhoneXRですが、iPhoneXSなどと比較するとフレームの構造上歪みやすいです。


iPhoneの電源ボタンが使えなくても「Assistive Touch」という機能を使えば様々なことができるようになります!


Assistive Touchというのは画面をタッチすることが困難な方や支援アクセサリが必要な方も簡単にiPhoneを使用できる機能です。


設定方法は以下の通りです。


まず【設定アプリ】を開き、【アクセシビリティ】をタップ、【タッチ】をタップ、【Assistive Touch】をタップしてオン(緑色)にします。

すると、右下にボタン状の丸が現れると思います。


その丸が「Assistive Touch」です!


Assistive TouchでiPhoneをロックする方法は 、【Assistive Touch】をタップ、【デバイス】をタップ、【画面をロック】をタップ で完了!

また「画面をロック」長押しすると、電源を切ることもできます!


iPhoneのボタンが効かずお困りの方は是非お試しください!


今回修理の依頼をいただいたお客さまのiPhoneXR。


電源ボタンの中心部分が内側に歪んで押せなくなってしまっています。

iPhoneのボタンが陥没してお悩みの方!《iPhone修理 パソコン修理 高岡》

ライトニングコネクタを差して起動しても常に電源ボタンが押されている状態なので、【リカバリーモード】になってしまいます。


正常に起動する場合は、Assistive Touchを使えばiPhoneを通常使用できます。ところが今回は正常に起動できないため、Assistive Touchを使用することができません。

削ったりして形を整えて電源ボタンが使えるようになりました(`・ω・´)


iPhoneの電源ボタン陥没でお悩みの方は是非一度ご来店ください!


皆様のお越しをお待ちしております💗


富山・高岡でパソコン修理・iPhone修理・iPad修理・スマホ修理・ガラスコーティング・SWITCH修理するならVIT-SHOP😊

予約不要、お気軽にご相談・ご来店ください!


VIT-SHOP富山店・VIT-SHOP高岡店